沖縄が生んだ奇跡のホワイトニング。

歯の黄ばみ・ステインを強力に除去。歯の汚れを落とす力の強さは白さの違いにつながります。

リンゴ酸は着色汚れを落とすだけでなく、再度歯に汚れがつきにくくしてくれ、美しく保持していくのにも役立ってくれます。 ビタミンCは歯の汚れ除去のほか、歯茎の健康にも役立ってくれるため、総合的な口内のケアとなります。

新成分「GTO」は虫歯リスクを大幅に減らす効果もあります。歯肉炎・歯周病・口臭予防効果も。

 

 


@COSMEの歯磨き粉部門1位獲得。

多くの雑誌で紹介されるなど話題となった歯磨き粉。美容歯科も注目。自宅でカンタンにホワイトニングができます。

歯の黄ばみが気になって歯を人に見せたくない方や、たばこ・コーヒーが好きな方、歯垢・歯石が気になる方にオススメ。

研磨剤を使っていないので歯の表面のエナメル質を傷つける心配もなく、刺激や痛みを感じることもありません。

 

 


歯を白くする歯磨き粉について




ドラッグストア等に行っても、歯を白くする歯磨き粉は市販されています。そういうタイプの歯磨き粉で、歯のホワイトニング効果が期待できるかというと、ある程度は可能です。 ですが、デンタルクリニックで行うような、歯のホワイトニング効果とは、大きな差があるものです。

テレビCMの場合は、歯が真っ白なタレントが出てきて、専用の歯磨き粉を使うことで、歯が真っ白いになるようなイメージを、一般の消費者に与えます。 でも芸能人は、自分のメンテナンスのためにお金をかけていますので、歯磨き粉だけで歯が真っ白になることはありません。

ちなみに芸能人の歯は、笑顔の時などに溢れる歯をチェックしても、歯並びは整っていますし、一般人には理解できないほど白いです。 駆け出しでまだ売れていないタレントや、業界は長くても稼ぎのないタレントは、口を開いても一般人と変わらない、歯の色と歯並びの人が多いです。 でも売れてくると確実に変わるのは、歯の並びがよくなることと、歯の色が異常に白くなることです。 歯並びまでよくなっていたら、それは歯磨き粉ではなく確実に、歯の美容整形を行っています。審美歯科での、オールセラミックなどで、笑顔で見えやすい前歯だけは作っている人が大半なのです。

こうした裏事情を知ることで、芸能人は歯が命と言っている、やけに歯並びが良すぎて、しかも歯の色が白すぎる芸能人は、歯磨き粉のおかげではなく、 審美歯科によるお金をかけた賜物ですので、あまり参考にはなりません。テレビCMで見るように、歯磨き粉だけで真っ白な歯に変わることはありません。 テレビや雑誌広告を真にに受けて、歯を白くする歯磨き粉を1日3回しっかり使い、しかも長い時間をかけて力強く磨くような真似は、してはいけないです。

歯を白くする歯磨き粉は、成分に研磨剤を入れているから、歯の表面を削り取って白くします。だから毎日だと、歯や歯茎への負担が強すぎるので、お口のトラブルを招くからです。

歯の黄ばみの原因・改善方法について




歯の黄ばみや茶色になってしまう方は、コーヒーを飲む習慣や、喫煙などが原因の場合があります。 予防をする場合には、歯が変色しないように、頻繁にコーヒーを飲まないようにすることや、禁煙をするといいでしょう。 コーヒー以外にも、紅茶などでも歯が変色してしまうことがあります。色素が徐々に歯に沈着していくことで、黄ばみになるため、食生活で、着色を多く含んでいる食べ物などはできるだけ控えることが大切です。

また、歯に痛みがあり変色している場合には、虫歯の可能性があります。虫歯の場合でも歯の色が変化してくるため、歯に違和感や痛みがある場合には、歯医者で治療をしてもらうようにしましょう。 歯の変色をある程度改善するためには、歯医者で歯のクリーニングをしてもらうことで、ある程度の歯の黄ばみをとることができます。

しかし、かなり変色が濃い場合には、とりきれないこともありますので、その場合には、ホワイトニング治療などをしてもらうといいでしょう。 ホワイトニング治療では、歯の色を白くきれいな状態に戻してくれます。 歯の色が白くなることで、周囲の印象もかなりかわってくるので、自分のイメージをアップするためにも、歯を白くすることはかなり有効な手段となるでしょう。

また、自宅でできる改善方法としては、歯磨き粉選びが大切です。近年では、さまざまな歯磨き粉が開発されているため、 歯をある程度白くするためのホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉なども市販されています。歯の黄ばみ対策として、この手の歯磨き粉を試してみるのもいいでしょう。

どの歯磨き粉がいいか迷った場合には、ランキングサイトや口コミ情報などを調べて、評価の高いものなどを選ぶことで、ある程度効果が期待できる商品を購入することにつながるでしょう。 食事などで、着色の多いものを控え、禁煙をすること、自宅で対処するならば歯磨き粉選びが大切です。歯の変色が酷い場合には、歯医者でのホワイトニング治療なども有効な手段です。

歯の裏側の汚れについて




歯の裏側には、茶色や黒の汚れができることがあります。煙草を吸っている人は特に汚れがつきやすいです。 ただ、煙草を吸っていなくても汚れが付くことは良くあります。やはり、食べ物や飲み物の汚れが多いです。

色素が強いポリフェノールやカフェインの汚れは特につきやすいです。お茶を飲んだ後に汚れやすいと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。 また、果物にもポリフェノールが含まれることがよくあるので、気を付けなくてはなりません。他にも虫歯や銀歯などの劣化などが考えられます。

では、一度ついてしまった汚れはどうやって取れば良いのかですが、毎日の歯磨きが大事です。正しい歯磨きができていないと汚れは落ちてくれません。 特に歯の裏側は歯ブラシが届きにくい場所なので、汚れが取れにくいです。だからといって、これまでと同じ磨き方ではいつまでたっても汚れは落ちないので工夫が必要です。 歯ブラシの角を使って歯の裏側を丁寧に磨くと汚れが取れやすいです。

黒くなっていると思ったら、ホワイトニング成分が入っている歯磨き粉を使うと良いでしょう。歯の表面の汚れを取る研磨剤やステインを浮き上がらせる成分が入っているからです。 それでも汚れが取れなかったら、歯のホワイトニングを行うと良いです。歯医者に行ってホワイトニングしてもらいましょう。

歯の消しゴムを使うのもお勧めです。歯ブラシと一緒になっているタイプもありますし、単体で使えるタイプもあります。歯の表面についている汚れを強力に落としてくれます。

他にもいろいろな方法で歯の裏側についた汚れを取ることはできます。まずは、汚れが付かないように日々の歯磨きを見直してみませんか。 意外と同じところばかりを磨いていて、磨きにくいところはあまり磨いていない可能性があります。磨きにくいところこそ丁寧に磨くようにしてください。 歯の裏側は鏡で見えにくい場所ですが、歯ブラシをうまく使いこなして汚れが残らないようにしましょう。


↑歯が白くなる歯磨き粉ランキングへ戻る


歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識