歯を白くする知識

歯科医院での歯のクリーニング・PMTCについて解説


歯科医院で行われる歯のクリーニングには、健康保険が適用される歯石除去と、保険適用外となるPMTCがあります。健康保険が適用される治療は、虫歯や歯周病予防の目的に行われるため、歯の表面に着色のある歯石が多くあるときにはこれを除去するだけでもきれいになりますが、歯に染み付いた黄ばみなどの着色までは白くすることはできません。


保険適用外となるPMTCの場合は、フッ素入り研磨剤とさまざまな機器を使用して歯をクリーニングします。通常のクリーニングよりもワンランクアップしたクリーニングといえます。


フッ素入り研磨剤により、再石灰化を促進して歯のエナメル質を強化する効果が得られたり、虫歯や歯周病の原因といわれる、細菌性バイオフィルムを除去し、再付着することを防ぎます。歯の表面がつるつるになるので、歯垢を付着しにくくさせます。細菌性バイオフィルムとは、ニュータンス菌などが住み着いており、歯磨きだけでは落とすことができないほどしっかり定着してしまった歯垢です。それを予防することで、虫歯や歯周病予防にもつながります。


また、PMTCではコーヒーやたばこなどで付着した着色汚れも取ることができます。光沢のある本来の歯の色に回復します。ただし、PMTCで歯石を取ることはできないので、虫歯や歯周病の治療が済んでから行われます。


では、歯のクリーニングとホワイトニングの違いは、どのような点でしょうか。PMTCを行うと、歯の色がかなり白くなりますが、歯の色は着色だけでなく、歯の象牙質の色によって変わります。もともと象牙質が黄色っぽい人は、見た目の黄ばみを強く感じることがあります。


ホワイトニングは、それをカバーできる治療です。表面の汚れを落とすだけでなく、歯の表面に光の乱反射を起こさせることで歯を白く見せることができます。自分の希望の白さにできるのがホワイトニングです。PMTCだけでは希望の白い歯にならなかった場合には、ホワイトニング治療を考えることもおすすめです。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識