歯を白くする知識

重曹は歯を白くするために使用できる?


白くてきれいな歯は、どの年齢になっても憧れる人が多いでしょう。実際に歯が白いことで、生活に大きな影響を与える場合があります。例えば就職活動などの面接で、白くてきれいな歯と黄ばんだ歯では与える印象も変わってくるでしょう。


歯を白くする方法は様々なやり方があります。歯科クリニックで歯を白くするためのホワイトニングを受けることもできますが、費用が高いのが難点といえるでしょう。歯科クリニックではなく、自宅でできるホワイトニングもありますが、こちらも意外とコストがかかるものです。


そこであまり費用をかけることなく、手軽に歯を白くする方法として、重曹の使用があげられます。重曹は料理にも使われるもので、研磨作用があるため歯をきれいに磨くことができるのです。また弱アルカリ性なので、酸性度の強い歯の汚れを除去しやすいといえるのです。


重曹には食用に使われるもの、医療に使われるもの、工業用のものと3つの種類に分けられます。歯を白くするために使うものは食用のものです。食用のものを使うことで、万が一飲み込んだとしても体に害を与えることはありません。他の2種類の重曹は、体に害があるので間違えないように注意が必要です。


重曹は食用であっても、とても塩分が高いものです。そのため塩分の摂取を控えなくてはならない人は、使用に気をつけなくてはなりません。そして重曹は研磨効果が強いので、もっと歯を白くしたいと欲張り磨きすぎてしまうと、歯を傷つけることにつながります。また歯だけでなく、歯茎や口の中の粘膜まで傷つける可能性もあるので、磨きすぎには十分気を付けなければなりません。


重曹で歯を磨くためには、ペースト状にする必要があります。水と混ぜ、少しかためのペースト状になるように調節します。歯を磨く時は、このペーストを歯の汚れや着色が気になる箇所に指でぬりつけます。この状態で5分ほど待つと、歯の着色汚れが浮かび上がります。その後、ハブラシで優しくブラッシングすることで、きれいな歯を手に入れることができます。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識