歯を白くする知識

歯が着色する原因と予防方法を解説


歯は虫歯予防や歯周病予防だけではなく、やはり見た目も大事になってきますので、歯の着色予防も重要となってきます。


では、なぜ歯は着色してしまうのでしょうか、この原因を知ることで予防方法も見えてきます。また着色してしまった歯を再び白くする方法もありますので、合わせて見ていきましょう。


まず初めに歯が着色してしまう原因を見ていきましょう。当然のことながら食べ物によってなるのですが、特に注意した方が良い食品があります。


例えばコーヒーやお茶、ワイン、カレーなどは着色の原因になりやすく注意した方が良いでしょう。またタバコも原因となりやすいので注意してください。


とはいえ、上記で挙げたものを口にしないようにすることは難しいので、少しでも予防する方法をお伝えしていきます。まずは、これらの物を口にした後は、すぐにうがいをするようにしてください。


これだけでも予防になります。また日頃からブラッシングをこまめにするようにしてください。またその際に使用する歯磨き粉には研磨剤入りの歯磨き粉を使用するようにしましょう。これで日頃の予防はある程度できます。しかし、どんなに気を付けていても完全に着色を防ぐことはできません。ですので、やはり歯を白くする治療もしなくてはなりません。


まずは歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらいましょう。歯垢や歯石はもちろん着色に関してもクリーニングをしてくれますので、自分ではケアしきれない部分まで行ってくれます。これだけでも十分ではありますが、もっと白い歯にしたい場合にはホワイトニングが有効となります。ホワイトニングは薬液を使用して歯を白くしていきます。


これにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つがあり、オフィスホワイトニングの方が短期間で効果が得られますが、透明感が出にくく、また後戻りしやすい方法になります。ホームホワイトニングは完了するまでに数週間から数か月かかりますが、その代わり透明感が強く、後戻りもしにくい特徴があります。



>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識