歯を白くする知識

歯を白くするという方法の1つ「ラミネートべニア」


ラミネートとは薄い材料を貼り合わせて層を作る加工法のことを意味し、ラミネートべニアはその意味の通り、歯の表面に薄い板を歯科用の接着剤で貼り付ける治療方法のことを言います。ラミネートべニアでは歯の色はもちろん、形や歯並び、歯の隙間なども同時に改善することができるのが特徴です。


歯の機能性に関わる施術ではないため、ホワイトニングをはじめとする他の審美治療と同様に、健康保険が適用されない自費診療で行う必要があります。そのため費用は1本10万から15万円程度が相場なので、本数によって大まかな予算を計算しておく必要があります。


歯の色を改善する審美治療はいくつか存在し、代表的なのはホワイトニングです。歯を削らず手軽ですが、時間が経過すると再び着色汚れが付着するため、定期的なメンテナンスを行わなければなりません。


ラミネートべニアのように歯の上に何かを被せる方法は、歯の周りを大きく削ってその上にクラウンを被せる方法が普及していましたが、健康な歯を削る事で歯の寿命に影響を与える可能性がありました。現在では被せる素材の強度が向上し、さらに歯科用接着剤の接着力が増したこともあり、従来のクラウンのように大きく歯を削る必要がなくなっています。


ラミネートべニアは唇側の歯の表面だけを薄く削る方法ですので、治療期間も短縮されて広く普及することとなりました。


ラミネートべニアが向いている人は、歯を好みの白さにしたい人です。少し黄色がかった自然な歯の色だけでなく、真っ白な歯の色にすることも可能です。また、歯の隙間がある時、両隣の歯を少し大きめに整えて歯の隙間を埋めることができるため、歯の段差や隙間を埋めたいが矯正治療を受ける程ではない場合、ラミネートべニアで整えることができます。


噛み合わせに影響が出ない範囲ならば、少しだけ歯の大きさや形を変えることも可能です。そのため歯の形を揃えたり、女性らしく少し丸みのある歯にしたい人にも向いています。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識