歯を白くする知識

変色した差し歯を白くする方法とは?


食べ物やたばこなどによって着色してしまった歯を白くする、ホワイトニング治療を行う人が増えていますが、差し歯はホワイトニング効果が得られないとされています。差し歯のホワイトニング治療を断られることも多く、新しいものと取り換えるほうが手っ取り早い場合もあります。


差し歯には材質の異なるいろいろな種類があります。保険適用のものであれば硬質レジンという樹脂が、保険適用外のものはオールセラミックやハイブリッドセラミックなど種類が豊富です。どのような材質のものでも、差し歯は基本的に白く着色された歯なので、漂白することで歯を白くするホワイトニングでは漂白ができません。


もともと白いので、それ以上漂白することができないのです。ただ、ホワイトニングの方法によっては白くできる場合もあります。歯を溶かさずに汚れを分解することで、元の歯の色に戻す方法です。差し歯を傷つけたり溶かしたりする成分が含まれていないホワイトニング薬剤を使用する場合は、差し歯の黄ばみを取ることができます。ただ、この治療ができるかどうかは歯科医院によって異なります。


手軽に差し歯を白くしたいなら、歯のマニキュアを使用する方法もあります。爪のマニキュアのように、白い専用塗料を歯の表面に塗るという方法です。差し歯や神経を抜いてしまった黒ずんだ歯に効果的です。歯科医院で行うホワイトコート治療と、ドラッグストアで販売されいてる歯のマニキュアを使用する方法があります。


歯科医院で行った場合は、1本2千?4千円程度と高額になりますが、仕上がりがきれいで、自分好みの色が選べ、持続効果がおよそ1カ月程度と長く続くというメリットがあります。自分で行う場合は、1商品2千円から3千円程度と安く済み、手軽で素早くケアできます。ただ、持続期間は1日程度と短く、上手に塗らないと色ムラが出てしまうことがあったりはがれやすいというデメリットがあります。どちらにせよ、一時的な効果が得られる方法といえます。



>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識