歯を白くする知識

神経がない歯が黒ずんだ場合にも白くすることはできる?


神経を抜く治療を行った歯は失活歯と呼ばれ、栄養の補給経路が絶たれています。その為に歯が本来持つ再生力が失われたり、歯の強度が脆くなるといった状態になっており、審美的には老廃物の排出が行われ難くなる事による黒ずみが問題となります。


この状況では黒ずみの原因が、歯の奥の部分に当たる象牙質の着色とそれが表面に透けて見える事に求められます。従って歯の表面の汚れを取り去ったり、本来持つ白さを強調するといった通常のホワイトニングでは歯を白くする効果が根本的に得られない事となります。表層を削ってパネルを張り付けるといった方法も、前述のように歯が脆くなる傾向にある事から好ましくありません。


そこで失活歯を白くする場合には、ウォーキングブリーチと呼ばれる失活歯のみに適応可能なホワイニングの施術を行います。具体的には歯の中に濃度を調整した漂白剤を数回に渡って注入・交換して、漂白作用によって内部から歯を白くする事になります。この方法では表層部分は本来の状態が維持される事で、質感や白さが自然な感じに仕上がるという特徴があります。


また失活歯となる治療を行っている場合には、歯の上部に被せ物や詰め物が必要となる場合が殆どです。歯を白く見せるという観点ではその際の素材選びにおいて、銀歯素材では無くセラミックやレジンを選択する事が圧倒的に有効となります。該当する歯の種類によって保険適用の対象とならなかったり、素材の強度面で多少の不安が残るケースはあるものの、ホワイトニングと併用する事で違和感の無い白さを出す事が出来るようになります。


そもそも失活歯となる治療は比較的大掛かりとなる事から、状況によっては大幅に歯を削る・抜歯の適用をする事により、差し歯を用いて機能性と審美性を両立させているケースも少なくありません。ですが口腔内の環境の維持まで考え、自分の歯を残しつつその白さを保ちたいといった意向がある場合には、ウォーキングブリーチによるホワイトニングと詰め物素材の選択によって歯を白くする方法は有効となります。



>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識