歯を白くする知識

歯にこべりついたタバコのヤニを除去して白くするには?


タバコを吸っている方の多くは、歯についてしまうヤニが気になってしまうことがあります。どうしても避けることのできないものとして考えることができ、普通のタバコの場合では必ずヤニが発生してしまうので、口内や歯に関しては直接に着色が見られる場合が多々あります。


1日に数本程度のタバコを吸っている方であれば、大きな問題に感じることもありませんが、1日に1箱以上吸っている方であれば、色素の沈殿は必ず起きてしまう現象として挙げることができます。


歯の表面に対しても色素が付いてしまうことが目立ちますが、特に喫煙者の場合では歯の裏側に色素が残りやすい環境にあり、何かしらの対策を行うことがおすすめです。


タバコのヤニを取って歯を白くする方法はいくつか提案することができ、まずは、歯磨きを徹底して行う方法が用意されています。


選ぶ歯ブラシに関しては、硬めではなく通常のものを使うことが必要になり、あまりに強い力で磨いてしまった場合では、歯の根元部分が削られてしまい、後に知覚過敏の原因になってしまう可能性があるので、注意が必要です。歯磨き剤についてもこだわりを持つことがおすすめになり、タバコのヤニを取るために開発されているものもありますが、ホワイトニング用として販売されている歯磨き剤を使う手段も用意されています。


一方で自力で改善することが難しいような状態に陥っている方ならば、審美歯科などを利用してホワイトニングの施術を受けることがおすすです。審美歯科の場合では、専用の溶剤を用意しているので、色素が強く残ってしまっている状態の歯であっても、通院を繰り返す方法で綺麗な白さに戻すことができます。


他にもラミネートベニヤを使って歯の表面を白くする方法や、オールセラミックなどを用いて、歯の全体を白くする方法まであるので、喫煙者であっても悩み事になっている歯の色素に関しては、綺麗な状態に施すことは不可能ではないので、最終的には審美歯科を利用してみることがおすすめです。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識