歯を白くする知識

歯を白くする「消しゴム」「ガム」の効果について


歯の消しゴム


口元を綺麗に見せるためには、歯の環境を良好に保つことが大切です。歯の場合では歯磨きを毎日行ってケアをしっかりと行っている方も存在しているのですが、食べ物や飲み物、喫煙など生活習慣によっては、綺麗に歯磨きを行っていたとしても、歯に着色が見られる場合があります。


特に一定の年齢に達した方の場合では、長年にわたって同じ歯を使っていることになるので、自然と色素が沈殿してしまうことがあります。この場合では、多くの方々が歯を元通りの白さに戻すことを希望されるものですが、その方法としては現在ではいくつもの施術方法が用意されているので、本人にとって最適なものを選ぶ方法で、見事に白さを取り戻すことが可能になります。


そのためのアイテムとして珍しいものがあり、歯の消しゴムと呼ばれているものが販売されています。歯の消しゴムとはシリコンで作られた消しゴムと、歯を綺麗にするための研磨剤が入っている専用の薬剤をセットとして利用するものです。歯に対して薬剤を塗布した後に、消しゴムで歯の表面を磨いていく方法ですが、一般的に行われている歯磨きの方法よりも効果が高いものとして知られています。


研磨剤の効果が強いこともあり、歯の表面に蓄積されてしまった汚れを除去することに向いている方法ですが、確かに効果のあるものとして利用できます。安全性に関しては使い方によって変わる傾向にあり、普通の範囲で使用している分には大きな問題は起きないものと考えることができます。しかし、歯の表面を研磨剤によって磨き上げる方法になるので、自動車のコンパウンドのような働きを持っていることになり、磨き過ぎてしまった場合では歯のエナメル質を破壊してしまうことがあります。


このような状態では歯に色素が付きやすい環境になってしまうことになるので、適度に使うことがおすすめです。この方法で対応することが難しいような方ならば、ホワイトニングの技術を用いて施術を受ける方法で綺麗な白い歯に戻すことができます。



ガム


結論からいえば、歯を白くするガムは存在します。効果は一応ありますが、高い効果を望まないほうが無難といった程度です。


歯を白くするガムとして注目されているのが、ロッテから発売されているキシリトールガムです。虫歯菌の繁殖を防ぐ効果のある、キシリトールを含んでいるのがこのガムの特徴ですが、通常のキシリトールガムとは別に、ホワイトニング効果のある商品が登場しています。


メタリン酸ナトリウムというホワイト効果のある成分を含んだ、キシリトールガムです。パッケージにWhiteの文字が表示されているのが特徴です。


このメタリン酸ナトリウムには、色の変化を防止する働きがあります。医薬品として使われる例もありますので、その効果は実証されています。この色の変化を予防する働きを利用して、歯の色素汚れを改善する効果を期待できます。
色素汚ればかりでなく、メタリン酸ナトリウムには歯の表面をコーティングする作用もありますので、汚れの付着を未然に防ぎやすいという魅力も持っています。


しかし、キシリトールガムに高いホワイトニング効果を求めるのは、かなり難しいレベルです。商品の中に含まれる、メタリン酸ナトリウムが微量である可能性が高いからです。あくまでも日頃からの汚れの付着防止用として、長く使うことをおすすめします。ホワイトニング効果を求めるなら、別の専門的な商品を利用しましょう。


美白用の歯磨き剤が市販されていますが、このような歯磨き剤には研磨剤が含まれますので、研磨剤を使ってない商品を積極的に利用したいところです。


おすすめなのが、ネット通販で購入できる、パールホワイトプロEXや薬用ちゅらトゥースホワイトです。これらには薬用成分であるメタリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸、リンゴ酸などが配合されています。擦らずに歯の表面から色素汚れを取り除いてくれる安心感があります。リンゴ酸は色素汚れの付着を防ぎます。数週間くらいの使用で、歯の白さを実感できるようになります。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識