歯を白くする知識

ホワイトニング効果あり?歯が白くなるテープについて


歯を白くするテープとはホワイトニング効果のあるテープのことであり、1日に1回歯にテープを貼るだけで簡単にホワイトニングを行うことができます。アメリカなどでは既によく知られており、ドラッグストアなどでも購入することができます。


アメリカでは普及しているのになぜ日本では知られていないのかということですが、歯を白くするテープには日本の薬事法で禁止されている過酸化水素という成分が使われており、市販できないようになっているためです。そこで日本で歯を白くするテープを入手したいという場合、個人輸入を利用する必要があります。


歯を白くするテープには医療機関でしか使用できない過酸化水素を配合しているため、高いホワイトニング効果を期待できると言われています。中には効果が1年程度続くと謳っているものもあり、ホームホワイトニングと同じくらい効果が続くと言えるでしょう。


歯を白くするテープを使う場合、歯磨き粉を使わずに水のみでブラッシングをするのがポイントです。それによって薬の浸透が良くなるということです。テープに余り部分ができたら歯の裏に折り返します。


歯並びが悪い場合は歯にしっかりと密着させるため、テープに切れ目を入れるなどして工夫しましょう。装着中は会話をしても水を飲んでも問題ないのですが、食事はすることができません。そして30分装着したら剥がして捨てましょう。


効果については個人差もありますが、3日くらいで歯が白くなることもあります。長く続けるとさらに効果が高くなるため、継続するのがおすすめです。ちなみに、薬剤の濃度が高いものを長時間貼ると痛みが出てしまうことがあります。


また、歯茎に触れると炎症が起きてしまうこともあるので注意しましょう。テープは隙間ができないように綺麗に貼ることが大切であり、歯とテープがしっかり密着していないとまだらに白くなってしまうことがあります。また、神経がない歯や詰め物には効果がありませんし、虫歯に使うとかなり痛みが出てしまいます。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識