ホワイトニングの知識

自宅でオキシドールを使って歯のホワイトニングができる?


市販されているオキシドールは歯のホワイトニングに使える?


いくら歯磨きをきちんと行っていても、歯に色素が残ってしまうことがあり、食生活などにも影響される部分がありますが、ある程度の年齢に達した方の場合では、特に歯の色素が沈着してしまうことが多い傾向にあります。


綺麗な歯を保つことを理想としている方が多く存在しているように、現在ではホワイトニング用の歯磨き剤なども一般的に市販されているものがあります。


気になっている方は歯磨き剤を変えてみる方法で毎日のケアを行うことで改善できる場合がありますが、歯のホワイトニングを考えた場合では、他にもいくつもの方法が用意されていることもあります。


その中には、あまり耳にすることが少ないオキシドールを使った方法もあります。審美歯科などを利用して歯のホワイトニングを行う方も存在していますが、その際に使われる専用の薬剤に関しては過酸化水素で構成されているものです。


一方、オキシドールの場合でも過酸化水素を主成分としていることから、理論的には同じ成分になることもあり、歯のホワイトニングに対して大きな期待を寄せることができます。実際に行った方も存在していて、綿棒などにオキシドールを付着させてから、歯を磨く方法になります。軽度の色素沈着の場合では、この方法で汚れを除去できる可能性も否定することはできませんが、一般的な色素沈着の状態であれば、オキシドールでは対処できない場合が多々見られます。


その原因としては、過酸化水素の濃度を挙げることができます。審美歯科で使われているものでは、濃度が非常に高いものですが、市販されているオキシドールの場合では、濃度が非常に低いこともあり、それだけ効果が薄くなってしまうことも事実です。


濃度の高いものの場合では、一般的な方が利用できないことになっているので、歯のホワイトニングを目指している方ならば、やはり審美歯科などを利用して、歯のホワイトニングを試してみる方法で安全で確実に歯に付着してしまった汚れを除去することができます。




>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識