歯磨きと歯周病の知識

正しい歯磨き方法で歯周病予防をしていきましょう

どれだけの人が毎日の歯磨きを虫歯予防や歯周病予防を意識して行っているでしょう。すでに虫歯がある、あるいは歯周病になっているという方は、当然意識しているでしょう。


歯磨きは習慣だから行っている、食べかすを取るため、さっぱりするからなど案外軽い意識で行っているのではないでしょうか。また、磨き方も自分流のやり方が身についていると思います。


歯磨きの本当の目的は虫歯や歯周病の予防なんです。虫歯や歯周病は食べかすではなく、歯垢ですから歯垢を落とすという意識を持って歯磨きをする必要があります。
歯垢は歯と歯茎の間や歯と歯の間に溜まりやすいので、歯磨きはそこを意識して行うようにしなければいけません。


もし、自分流の磨き方が間違っているとしたらずいぶん時間を無駄にしていることになります。そして虫歯や歯周病の予防になっていないとしたら、歯磨きが気休め程度の価値に下がってしまいます。


正しい歯磨きの方法は歯科医さんや歯科衛生士さんが教えてくれます。
また、インターネットの動画などでも紹介されていますからご覧になってみて下さい。


歯肉炎や歯周病で歯を磨くのがつらいという方は、まず「やわらかめ」で毛先が細い歯ブラシで磨きます。痛いからといって歯磨きを行わなければ、症状は改善しません。


しかし、このタイプの歯ブラシでは、歯の表面や噛む面をきれいにすることはできません。歯ブラシの硬さ「ふつう」タイプのものと併用して歯磨きをしましょう。


高齢者や歯磨きが苦手という方には、やわらかめで、幅広タイプ、植毛が密であるヘッドの歯ブラシを使ってみましょう。力を入れても歯肉にキズはつきにくく、幅広ですから短時間で効率よく磨けます。


歯ブラシはペンを持つようにすると力が入り過ぎず、ゴシゴシ磨きを防げます。また、適度な調整ができ奥の方も抵抗なく磨けます。それでも力が入ると言う方は、支える指を1本減らすというやり方をしてみてください。


みなさんそれぞれが、自分流の磨き方や磨き順があると思いますが、順番を決めて磨くことで、磨き残しを防ぐことができます。習慣になってしまえば無意識にいつもの順序で磨くようになるので、効率のよい歯磨きの順番を考えましょう。


歯ブラシを歯と歯肉の境目に斜め45度にあてます。こうすることで、歯と歯肉の境目に毛先が入り、歯周病や虫歯の原因になる歯垢が落としやすくなります。


ブラシはゴシゴシ動かさず、歯1本分くらいの幅に小刻みに磨いていきます。これはなかなか難しいことで、面倒くさくなっておおまかに磨いて終わらせたくなりますが、ブラシを大きく動かして長時間磨くより、1本1本磨くほうが効果が高いので小刻み磨きを実践しましょう。最終的には、磨く時間は同じくらいになるはずです。


前歯の裏側は歯ブラシを縦に使ってかき出すように磨きます。
奥歯の後ろ側は磨きにくい場所のため、磨き残しになってしまうところです。歯ブラシを横から入れたり、柄の部分を持ち上げてヘッドの先端を使って磨くようにします。


歯並びが悪い人は1本1本に歯ブラシをあてて細かく動かすなど工夫をしましょう。
歯磨きをする時は、食べかすを取るというより、取りにくい歯垢を取るという意識で磨くようにすると歯磨きタイムも意味のあるものになります。


電動歯ブラシについて


皆さんの中には電動歯ブラシを利用されている方も多いと思います。手動歯ブラシよりきれいに磨けるという方や、力が均等だから歯のために良いなど理由があると思います。また、手が不自由な方には電動歯ブラシはとても便利なものです。


自分では上手に磨けないという人におススメという電動歯ブラシですが、どんなものがあるのでしょう。電気で動く歯ブラシ全部をひとくくりにして電動歯ブラシと呼んでいますが、電動歯ブラシには大きく分けて3種類あります。


「電動ハブラシ」
ブラシの振動を利用して歯につた汚れを取る歯ブラシです。丸いヘッドが回転するタイプ、手で磨くときの感覚を高速にした往復タイプがあって、複雑に動くものほど価格が高くなります。


「音波歯ブラシ」
音波歯ブラシは音波や電波を出して歯を磨くと受け取っている方もおられますが、実はリニアモーターを使った高速電動歯ブラシのことで。電動歯ブラシをさらに高速にしたもののことです。音波と思っているのは、振動音で、振動音を音波というなら手で磨く普通の歯磨きも音波が出ていると言えます。ただ、音波歯ブラシは振動数が多いので、歯垢除去能力がとても高いといわれています。


「超音波歯ブラシ」
超音波歯ブラシは音波歯ブラシより振動数が多いのが特徴です。ですから、歯垢や細菌の除去や殺菌効果が高いといわれています。めがねの超音波洗浄機にも利用されているように、汚れを強力に落とす力があります。
注意することは、音波歯ブラシのようにただ歯から歯へ移動させるだけの磨き方では効果が発揮できません。普通の歯磨きのように動かして歯を磨く必要があります。歯磨き剤を使用するなら研磨剤が含まれないものを使うようにします。



>>歯が白くなる歯磨き粉ランキングはこちら

歯が白くなる歯磨き粉一覧

 

ホワイトニングの知識

 

歯を白くする知識

 

歯磨きと歯周病の知識